包茎の特徴と生活への影響

包茎は男性の性器が包皮に覆われている状態を指します。男性の性器は子供の頃は常に包皮に覆われていますが、成長に伴い性器を形成する細胞組織が大きくなると包皮は自然に後退します。成人になると性器の先端が常に露出しているのが普通の状態ですが、包茎は勃起した状態でも性器がすべて包皮に覆われています。中でも人為的に包皮を後退させることが出来ない真性包茎は性器に尿や精液などの汚れが蓄積して不潔な状態になりやすく、痛みや炎症などの不具合に見舞われるリスクが増大します。包茎は細胞の収縮で体の器官が小さくなる高齢者にも生じやすいので、排尿後の衛生管理が困難になります。不潔な状態の放置は病気に繋がりやすいので、親族による適切な衛生管理が不可欠です。

包茎を治すための心得と医療機関の選び方

包茎の治療は単に余った包皮を取り除くだけではなく、性器の衛生状態を改善させるのも目的の一つです。不潔な性器は自身の健康状態を悪化させる原因にもなるので、健やかな暮らしを営むためには適切な処置が不可欠です。その一方で包茎手術を受ける際には信頼出来る医療機関を選ぶ必要があります。包皮の切除手術は性器への刺激が強く、処置を誤ると排尿や勃起の機能に悪影響をもたらす可能性があります。そのため、治療を受ける際に十分な事前検査やカウンセリングを行う優良な医療機関を選ぶのが満足出来る結果を得るための心得です。また、性器に手術の痕跡を残さないのも見栄えの良さを保つ条件の一つなので、最新の治療技術を導入していることも医療機関を選ぶ重要なポイントになります。

包茎とは、男性器の中でも、亀頭部分まで包皮が被ってしまっている状態のものを指します。仮性・真性・カントン・埋没の四つに大別されます。