ネジの頭を隠して脱素人!

一生懸命作った家具には愛着がわくものですよね。私もDIY大好きです。始めは自分の想像したものが形になるだけでうれしかったものですが、最近なぜか満足できない、そんなことはありませんか?そんな時はネジの頭が目立っていないか確認してみて下さい。もしそうならそれらを隠すことでグッと雰囲気が変わります。

ではどうやって隠す?

一番簡単なのはネジ穴カバーシールを使って隠すことです。いろいろな色合いの木目調のシールがホームセンターに売っていますので必要な大きさに切って貼るだけのお手軽解決法です。が、出来栄えはやっぱりいまいち。私のおすすめは以下の2点です。

おすすめネジ頭を隠す方法、その1

タイルやコインなど家具のワンポイントにもなる飾りを上から貼り付けたり、ネジ専用のビスキャップをネジ頭に直接打ち付けて隠してしまいましょう。自分のイメージに合う柄のものを見つけるのは難しいので、私はお気に入りの柄のタイルを見つけたらとりあえず買ってストックしています。忘れたころに役に立ちますよ。

おすすめネジ頭を隠す方法、その2

太鼓鋲、トキン鋲を使って隠すことができます。あまり聞きなれない言葉なのでご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、ネジ頭のすぐ横に打ち込んで使う、頭部が半球形をした鋲です。トキン鋲というのは特に神社で使われている鋲のことを言います。デザインによっては合わない場合もあるかもしれませんが、レトロで落ち着いた感じの机や本棚にとてもしっくりきて重宝しています。重厚な雰囲気の出る最近のお気に入りです。

ねじの販売をする前にまずは種類と用途を把握することが重要です。基本的にねじとは部品と部品を締結して固定するためのものです。